Hファクターのファクタリング

Hファクターのファクタリング|資金繰り改善の強い味方

Hファクター|ファクタリングのメリットは?

投稿日:

 

チェックポイント

 

会社を経営していく上でどうしても資金繰りに困る時が出てくる場合があります。

その際に入金前の売掛金を買い取ってもらい資金を調達できるのがファクタリングサービスです。

では、実際にこのファクタリングを活用する大きなメリットは何かということについてここではご紹介していきます。

 

ファクタリングのメリットにはどんなものがある?

ファクタリングを活用するメリットは大きく分けて以下の4つがあります。

 

キャッシュフローの向上

ファクタリングを利用する最大のメリットは恐らくこれでしょう。通常であれば売掛金が実際に入金されるまでには、たとえば2か月先かもしれません。しかしファクタリングを活用すると2か月待たずにキャッシュを手にすることができます。ですのでキャッシュフローが劇的に改善することになり、一気に資金繰りが良くなります。

従業員の給料やボーナス、研修費用、社員旅行、機器の導入、仕入れ金など使い道も自由です。キャッシュが手元にすぐに用意できるというのは本当に大きなメリットですよね。

 契約がカンタン

銀行などの金融機関からお金を借り入れる場合は、審査に時間がかかります。さらに会社の経営状況をさかのぼってチェックされますし、提出を求められる資料や書類もかなり多くなります。さらに何度も出向いて行って面談が必要な場合もあります。しかし、ファクタリングの場合は比較的カンタンに契約が可能になります。

ですから急ぎで現金が必要な場合でも、対応してもらえるメリットがあります。

負債扱いにはならない

金融機関から借り入れたり融資してもらう場合は、当然ながら借金つまり負債ということになります。しかしファクタリングの場合は売掛金を債権として買い取ってもらう訳ですから、負債扱いにはなりません。貸借対照表などにも負債と記載する必要がありません。

Hファクターのようなファクタリング会社によるファクタリングは、※償還請求権無しという契約が一般的であり、負債として数えられることはありません。

ですから今後の銀行との取引にも影響が及ぶ心配がありません。信用度は変わらないどころか、貸借対照表がスリム化されますので信用度がアップするとも言えます。

 

※償還請求権無しとは?
売掛金を債権としてファクタリング会社に買い取ってもらった後に、たとえば売掛先の会社が倒産してしまいファクタリング会社が売掛金を回収できなかったとしても、あなたの会社にはそのお金は請求されないという意味です。一方銀行やノンバンク系のファクタリングでは、償還請求権有りとされている場合が多く、これは取引先が倒産した場合は、あなたの会社に請求がくることを意味します。ファクタリング専門の会社は償還請求権無しで契約しているところがほとんどです。

 

担保や保証人の必要がなし

金融機関からの借り入れや融資の場合は、当然担保や保証人が必要になります。しかしファクタリングは売掛金を債権として買い取ってもらうために担保は不要になります。担保も連帯保証も必要のないのがファクタリングです。

 

 

 

Hファクターのファクタリング|資金繰り改善の強い味方 TOPへ

-qa

Copyright© Hファクターのファクタリング , 2018 All Rights Reserved.