Hファクターのファクタリング

Hファクターのファクタリング|資金繰り改善の強い味方

ファクタリングと融資の違いは?

投稿日:

 

融資とファクタリングの違いは?

 

資金繰り対策は経営者にとっていつもを悩ませることになりますよね。どこかから資金調達できないだろうかと考える場合にすぐに思い浮かぶのが、銀行などの金融機関からの融資や借り入れではないでしょうか。

ここでは、そういった銀行からの融資および借り入れと、Hファクターのようなファクタリング会社からのファクタリングによる資金調達とはどのような違いがあるのかを、ご紹介していきます。

 

金融機関からの融資の場合

 

金融機関から融資をお願いする場合、最も重視される審査ポイントはどこだと思いますか?それはズバリ返済能力です。融資の希望額にもよりますが、通常はかなりの時間をかけて返済能力がチェックされることとなります。銀行の融資担当者は主に下記の点をチェックすると言われています。

 

基本的なチェックポイント

 

事業内容

業種、業態、取引先、事業年数、従業員数などをチェックされます。もし事業を長く継続して行なっているならば、それ自体が信用に繋がります。ですが創業間もないといった場合は、まだ信用が足りずマイナスに働く場合もあります。さらに、以前にその銀行と取引した実績があるならば、それも信用に繋がります。ずっときちんと返済してきた実績があれば、融資が通りやすくなります。返済能力があることを実証してきたからですね。さらに業種・業態が今後需要が増えると期待される分野なのかもチェックされます。

 

決算報告書

貸借対照表(B/S)、損益計算書、キャッシュフロー計算書など、今の事業の経営状態がよく分かる書類を細かく審査されます。さらに、税務申告書なども同様にチェックされます。そして直近の3期分の決算書の提出を依頼されることが一般的に多いと言えます。

 

社長の信用情報

社長自身の税金滞納の有無、また他行からの借り入れがないかなどもチェックされます。今現在事業経営はたとえうまくいっていても、社長個人の信用情報が弱いといったケースもあります。それはたとえば消費者金融からお金を借りていたりする場合などです。これは審査にマイナスに働きます。これは通常は融資を受ける場合は、社長が連帯保証人になることが一般的なため、社長の信用情報はかなり重視されます。

 

 

ファクタリング会社のチェックポイントは?

 

金融機関は融資したお金をきちんと返済してくれるかという、返済能力の有無を重点的にチェックします。このような細かいチェックが入るのは、基本的に金融機関からの融資は長期間に渡り返済していくという前提があるからです。

今後長期間に渡って、滞りなく返済をしてくれるかどうかをチェックしますので、会社の経営状態や業界全体の様子などのチェックが必要となってきます。

 

銀行からの融資は長期に渡って返済するため、審査に時間を要する

 

ファクタリングの場合はどうでしょうか?

 

Hファクターのようなファクタリング会社は、ファクタリングを依頼してくる会社の売掛金や診療報酬や介護報酬を買い取るサービスをしています。これは債権の買取であって、あくまでも融資や借り入れではありません。そこに長期に渡っての返済責任というものは一切発生しません。

なぜならファクタリングは債権を買い取ってもらうことだからです。債権を回収するのはファクタリング会社の仕事になりますから、買い取ってもらった後は、あなたに返済責任は発生しません。

金融機関は、長い時間をかけて貸したお金と金利分を回収していきます。一方Hファクターのようなファクタリング会社は、買い取った売掛金が入金されるまでの短い期間だけお金を用立てるに過ぎません。そして多くの場合は2か月程度で回収することができます。

 

このようにファクタリングの場合は回収期間が短いため、依頼者の事業や依頼者個人に対しての細かい審査やチェックは必要がないのです。すぐに回収できるため、審査をカンタンに済ませることが可能なんですね。

銀行と違ってファクタリングは、長期に渡っての取引ではないため、審査のチェックすべき項目が非常に少ないと言えるのです。

銀行の融資とファクタリングの大きな違いは、まさにこれなんですね。

 

銀行は審査が厳しく、ファクタリングは審査がカンタン

 

こういった違いがあるため、急にキャッシュが必要だというような場合は銀行からの融資より、断然ファクタリングのほうが便利であり効率が良いと言えます。

 

Hファクターのファクタリング|資金繰り改善の強い味方 TOPへ

-qa

Copyright© Hファクターのファクタリング , 2018 All Rights Reserved.