Hファクターのファクタリング

Hファクターのファクタリング|資金繰り改善の強い味方

Hファクターのファクタリング 手数料は?

投稿日:

 

ファクタリングの手数料

ファクタリングの手数料はファクタリング会社によってかなり開きがあります。中には30%を超える手数料を請求する会社も存在します。

ファクタリングは融資ではないため、法律によって定められた金利というものが存在しません。ですから各会社が自由に手数料を設定することができてしまいます。それで高額な手数料に設定していたとしても、決して法律違反という訳ではありません。

 

では、Hファクターの手数料はいくらでしょうか?

 

Hファクターの手数料は...

 

最安で1.5%~

 

となっています。

 

上限でも

 

3%未満を約束

 

しています。

 

一般的なファクタリングの手数料は、5%~30%とファクタリング会社によってかなりの開きがあります。これは行なうファクタリングの種類によって、手数料が変わってくるからです。

 

数あるファクタリング会社がありますが、H・ファクターの手数料は、1.5%~3%と非常に低く抑えられています。

 

これは業界でも最安値と言えます。

 

ではなぜHファクターは他社に比べて、手数料を低く設定できるのでしょうか?

 

なぜHファクターの手数料は安い?

 

Hファクターの手数料は1.5%~3%と、ファクタリング業界の中でも最安値となっています。

なぜそのようなことができるのでしょうか?

 

Hファクターは業種を絞っている

 

ファクタリング会社の多くは、実にありとあらゆる業種業態の会社や企業と契約、取引をしています。つまり色々な種類の売掛金を債権として買い取っています。業界問わず、売掛金があればそれに対してファクタリングを行なうのが一般的です。

しかしH・ファクターは取引先を以下の業種業態に絞っています。

 

 

・医療法人

・病院やクリニック

・歯科医院

・老人ホーム

・高齢者専用住宅

・障がい者支援施設

・放課後等デイサービス

・その他介護施設

 

 

これを見ると分かるように、Hファクターは医療機関と介護施設にのみ、ファクタリングサービスを行なっています。

 

なぜ業種を絞ると手数料が安くできるの?

 

この業種を、医療機関と介護施設に限定してファクタリングサービスを行なうというのが、Hファクターが手数料を格安に設定できる秘密なんです。

 

どういうことでしょうか?

 

医療機関や介護施設というのは、その売上は患者さんや利用者さんの負担(1割~3割)分と、国の保険システムによって成り立っています。つまり売上のほとんどが国の保険システムから支払われます。

 

医療、介護業界は国(の保険システム)からお金が支払われる

 

これは、診療報酬または介護報酬と呼ばれるものです。毎月決められた日までに行なうレセプトと呼ばれる請求を行ないます。するとそのレセプト請求から約2か月後には国保連や社保から各医療機関そして介護施設にお金が支払われます。

 

この保険という公的機関から支払われるお金は、一般の会社や企業が売掛先の会社から受け取るお金とは大きく違いがあります。

 

一般的なファクタリング会社は、ありとあらゆる業種に対してファクタリングを行なっています。様々な業種業態の売掛金を買い取り、即現金化して資金繰りを良くしています。

 

しかし、売掛金の入金を期日までに行わなかったり、入金を大幅に遅らせてくる会社も多く存在します。また売掛金を回収する前に倒産してしまう会社も存在します。結果として、ファクタリング会社はお金を回収できないという場合もあります。

 

一般的なファクタリングは、資金回収が不能な場合もある

 

しかし、医療施設や介護施設の場合は、公的機関からお金が支払われますので、期日の入金を拒否することも、入金が遅れることも、また当然ながら倒産することもありません。

 

医療、介護分野は公的機関相手なので、確実に回収できる

 

しかしHファクターは、診療報酬や介護報酬という公的機関相手の債権しか買い取りません。それは一般の会社のように入金を拒否したり、遅らせることはありませんし、当然倒産することもありません。国の公的機関だからです。

ですので、Hファクターは回収できないリスク分を手数料に含める必要がありません。ですから、手数料を業界最安値で設定できるということなのです。

 

 

Hファクターのファクタリング|資金繰り改善の強い味方 TOPへ

-qa

Copyright© Hファクターのファクタリング , 2018 All Rights Reserved.